新年のご挨拶 

210102_01.jpg

新年 あけましておめでとうございます


昨年はコロナの流行で想像だにしていなかった世の中となり、
本当に辛く悲しい一年でした。

そんな中でもなんとか賛美し続けたいと集まってくれたメンバーの思い、
逆に集まらない選択をしたメンバーの思い、
集まることを許諾してくださったN牧師の思いなどなど、皆の思いがひしひしと伝わり、
私は一体どう応えるのが正解なのか悩みに悩み抜いた一年でもありました。

こうしている今も首都圏では前代未聞の感染者数に慄き、
未だ出口の見えない霧の中、暗中模索しながらも
決して諦められず戦うしかない現実に疲れながら日常を過ごすお正月です。

今年こそはコロナが収束し、皆で笑いあったり歌ったりできる世の中に一日も早くなりますように。
ひたすら祈るばかりです。

さて、今年も年頭にあたり、N牧師からのご挨拶を頂戴しました!

210102_02.jpg

新年、明けましておめでとうございます。

昨年は、思いがけないウイルス禍に見舞われ、GLGCのリハーサルも中断を余儀なくされました。
またHGFのコンサート、教会の「みんなでコンサート」、そしてクリスマスコンサートも中止となり、
発表の場もなくなって、非常に寂しい一年となってしまいました。

しかし、リハの再開後は、各自距離を取りマスクとフェイスシールドを着用しながら、
皆さんと共に歌うことができたことは感謝でした。

良く開かれる聖書の御言葉に、
「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことにおいて感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」
(テサロニケ人への手紙第一 5章16~18節)という箇所があります。
状況を見たら、とても喜ぶことなどできないと思ってしまう私たちですが、
困難な状況の中でこそ、喜びと感謝の種を見つけることができたら幸いなのではないでしょうか。

このGLGCの場が、ゴスペルを歌うことによって、喜びと感謝、そして祈りに繋がっていくことを願います。
神様の豊かな恵みと祝福が、皆さんにありますように、お祈りさせて頂きます。
今年も、どうぞ宜しくお願いします。

posted by pastor沼さん /tenor

210102_03.jpg

年明けから見学者の受け入れを再開しようと、
非接触式温度計を用意するなど準備をしてまいりましたが、
ここへきて緊急事態宣言の再発令が具体化してきたことを受け、
今しばらく停止を継続させていただきます。
何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ


人気ブログランキング2
スポンサーサイト



Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © Green Leaf Gospel Choir All Rights Reserved.